蓄電池の種類

電気エネルギーの充放電を繰り返し行う事が出来る装置で、「二次電池」や「バッテリー」の名称で呼ばれており、さまざまな種類の蓄電池がある。

蓄電池の種類は電極に使う素材の違いによって下記のような特徴があり、用途や使用環境に応じて使い分けがされている。

蓄電池とは

昨今注目されているのがリチウムイオン二次電池です。鉛電池と比べて軽くて大きな電力を持っていることが特徴です。携帯電話・ノートパソコン・カメラなどに使われています。モバイル機器になくてはならない最先端の電池です。

この特性を活かして、電気自動車や住宅用蓄電池にもリチウムイオン電池が力を発揮しています。
住宅用蓄電池は、非常時の電力の備えばかりではなく、太陽光発電システムとの組み合わせによって、昼間の時間に放電することによる余剰電力売電の底上げや、深夜電力を充電して単価の高い昼間に放電するコスト削減の実現など、これからの時代に不可欠なシステムになりつつあります。

蓄電池と太陽光発電システム、オール電化の組み合わせにより、自らの屋根で作った電気のみで生活する本来のスマートハウスの実現も夢ではなくなりました(使用電力とシステム容量のバランスによって)。