新生活スタイルのオール電化とは

オール電化とは、家中の全ての熱源を電気でまかなう生活スタイルで、今までガスや灯油を使用していた部分を電気にすることです。これにより家の中で火を使わない生活を実現できます。

火の扱いに心配のある方や、キッチンが清潔に保たれる、また電力会社のお得な料金プランの活用なども合わせ、安全・快適でとても経済的な生活スタイルともいえます。
基本的には、ガスもしくは灯油の給湯部分をエコキュートに変更し、ガスコンロの部分をIHクッキングヒーターに変更するだけで実現できます。

その他、床暖房や浴室乾燥などをお持ちのご家庭でも対応できる機種もラインナップされています。

これらの機器も、ガスや石油を使わないため、大幅にCO2の排出量を削減できることから太陽光発電と同様に環境にもやさしいシステムとして注目をあびています。

エコキュートとは

エコキュートは空気の熱でお湯を沸かす、次世代の給湯システムです。
ヒートポンプと冷媒を使用し、空気の熱を取り出して圧縮することにより出来た熱を、熱交換してお湯を沸かす給湯システムです。

従来の燃焼式の給湯器に比べ、省エネ水準も非常に高く、また深夜電力を使用して給湯することから、大幅な給湯コストの削減も期待できます。
以前の電気式の給湯器のように湯切れの心配もなく、また家族構成や設置スペースに合わせて容量や、タンク形状なども選べる時代になりました。
高圧タイプやミスとサウナに対応する機種など、豊富なバリエーションからご家族の生活スタイルにあわせた機種を選ぶことができます。

火を使わないことにより、不完全燃焼などによる一酸化炭素の発生の不安などがなく安全で、冷媒には二酸化炭素を使用しているため、オゾン層破壊係数も以前のフロン冷媒の1/1700程度といわれています。
ネーミングの通り、エコロジーでエコノミーな給湯器なのです。

point① 優れた経済性

給湯効率が高いことにあわせて、お得な電力会社の料金プランとの組み合わせで驚異的な経済性を実現。1ヶ月の給湯コストはおよそ¥1,000円程度になります。

point② いざという時の水がめに

非常時や災害時など、万一の時に貯湯タンクのお湯が生活用水としての備えになります。
生きるための安心を兼ね備えたエコキュートのタンクには大注目です。
もちろん、非常時に停電していても、外部非常用コックなどからタンク内の水を取り出すことができます。

point③ お湯がやさしくなります

瞬間湯沸かし器と違いじっくりと時間をかけて沸かすため、お湯の中の塩素濃度が下がり、お肌にやさしいお湯になったと、導入された方からそんな声をたくさんいただきます。

IHクッキングヒーターとは

IHクッキングヒーターは、ガスを使わず電気のみで稼働する調理器具です。以前の電気ヒーター式調理器とは異なる器具です。
IHとは、電磁誘導加熱(Indaction Heating)のこと。磁力線の働きで、鍋自体をヒーターのように発熱させます。
うずまき状のコイルから発生する磁力線によって上に置かれた鉄鍋の底にうず電流を生じさせます。鉄には電気抵抗があるので流れる電流が熱に変化し、鍋の底板が熱くなります。

point① 火を使わないので安全

当たり前の話ですが、直接火を使わないので安全・安心。
火災や着衣着火の心配もなく、ご年配の方やお子様でも安全に使用できます。

point② 熱を逃がさないので高効率

ガスコンロの熱伝導効率は65%~70%程度といわれていますが、IHクッキングヒーターは約90%の伝導効率で安定した高火力で調理ができ、スピーディーかつ無駄な光熱費を節約できます。

point③ ガラストップなので衛生的

さっと拭けるのでいつでも衛生的。
ガラストップのプレートなので焦げ付きや汚れの心配もなし。
また、噴きこぼれ防止機能など、安全面も充実しています。
さらに、使用していないスペースは調理台に。一石二鳥です。

point④ 微調整可能な簡単操作

とろ火からハイパワーまで、数段階の調節機能により簡単操作が可能。
今までの感が頼りの調理から、機能的なキッチンライフが可能になります。

point⑤ 安全機能が充実

火がないことに安心するだけでなく、消し忘れ防止機能や湯温調整センサーなど安全でしかも今までよりもお料理上手に、そんな使い勝手をお約束します。

point⑥ 燃焼式でないため空気を汚さない

燃焼コンロのような上昇気流がなく、お部屋の空気をいつでもクリーンに保ちます。
湿気によるカビや結露なども減り、夏場はキッチンが熱くならないので快適に調理することができます。